この3つの条件をクリアした日焼け止めを選びましょう!  できる限り肌に負担のかからないもの ・男性...

正しい男性用(メンズ)日焼け止めの選び方3つのポイント

この3つの条件をクリアした日焼け止めを選びましょう!
 できる限り肌に負担のかからないもの
・男性は毎日ひげ剃りをするので、どうしても肌に微細な傷がついてしまいます。刺激の強い日焼け止めを塗ると、微細な傷がさらに悪化して肌荒れを起こしてしまう可能性もあります。ですから、天然成分だけで作られた肌に優しい日焼け止めを選ぶようにしましょう。
 ナノ成分を使用していないもの
・一般的な日焼け止めは紫外線カット成分がナノ化されて配合されています。男性はひげ剃り後に微細な傷ができるので、その傷からナノ化されたUVカット成分が肌に侵入してしまう恐れがあります。肌にとって紫外線カット成分は異物ですからそれに対抗するためにメラニンを生成して肌を守ろうとします。すると、折角紫外線をカットするために日焼け止めを塗っているのに、シミができてしまうという悲しい状態に陥ってしまうので、注意しましょう。
 メイク感が強くなくナチュラルな仕上がりのもの
・最近の日焼け止めは化粧下地の機能がついているものが多いため、日焼け止め単体でもメイクしたかのような肌に仕上がってしまうことがあります。日焼け止めは塗りたいけれど、メイクしているように見せたくはないという方は、元々の肌の質感をキープしてくれる必ずナチュラルな仕上がりのものを選びましょう。